ワクチンはうってはいけない!

0

    船瀬俊介 船瀬塾より 転載


    「ワクチンはうってはいけない!」


    ・インフルエンザワクチンは効かない。ウイルスを学んだ人の常識。


    ・ワクチンは「劇薬」


    ・後遺症、脂肪が続発。−政府もマスコミも隠している。


    ・ワクチンは生物兵器ー真の目的は病人を大量生産すること


    ・発達障害の原因にもー接種によって、ADHDが31%増加


    ・究極の目的は人口削減ー世界人口を10億人減らす「アジェンダ21」計画!


    ・ワクチンの三大目的は、「感染させる」「病気にさせる」「早く死なせる」です。


    ・子宮頸がんワクチンの目的は大手製薬会社の利益であり、米国政府が計画している各種ワクチン強制接種政策の地ならしです。


    ・ポリオ(小児まひ)にいたっては、なんと81年以降、患者数ゼロ。それなのに、まかり間違えば死に至る劇薬を子供たちに打つ。正気の沙汰ではない。


    ・子宮頸がんワクチンはすでに11年度末までに、全国で342万人もの少女たちに接種された。そのうち接種を行った病院などから送られた副作用報告は1926件。うち重症は、死亡した一人を含めて計861人にのぼる。にもかかわらず、13年4月『予防接種法」を一部改正。小学校6年生から高校一年生の女子に対する接種は、原則無料の「定期接種」に指定された。


    ・厚労省の予防接種部会は、2012年5月、子宮けいがん、インフルエンザ、小児用肺炎球菌の三種を含む7種のワクチンを、「定期接種」とする提言をまとめた。これらワクチンだけで年間の費用は1200億円。実質上、国から接種を強制される形となる市町村は、約530億円もの負担増となる。すべてわれらの血税である。


    ・子宮けいがんワクチンで効果がある可能性があるのは、全女性の0.007%。10万人のうちの7人。そこに300億円超もの国費を投入する。それどころか、99.993%の少女たちには「劇薬」ワクチンの副作用リスクが襲いかかる。まさに狂気としかいいようがない。結論から言おう。真の狙いは、人口削減のための「不妊政策」である。


    ・インフルエンザワクチンは効かない。インフルエンザワクチンは日本に入ってきたときから、効かないと言われていた。にもかかわらず、政府は鳴り物入りで大々的に推進し、全国の小中学校で集団接種が実質的に強制された。そして接種した子供の急死が全国で相次いだ。なんとも異常である。たえず形を変えるウイルスなのでインフルエンザはワクチンが追いつかない。とりわけその変化は速い。


    ・インフルエンザはかぜの一種でしかない。インフルエンザの熱は下げてはいけない。インフルエンザに感染すれば、3〜4日ほどで自然に抗体ができる。しかも体内で変異するウイルスに抗体ができる。ワクチンよりも、ずっとしっかりとした免疫力を得ることができる。


    ・解熱剤などで熱を下げると、逆に症状が悪化する恐れがある。なぜなら、発熱はウイルスを抑制するための治癒反応だからだ。熱を下げているうちにウイルスが増殖し、最悪、脳症など重篤な症状を引き起こすこともある。


    ・インフルエンザに感染したら、ラッキーだと思って、ただで、インフルエンザの抗体を、しかも体の中で変異する抗体を得たんだと思って、感謝して、しっかり休むことだね。凄いラッキーだね。

    それを、自然に逆らって、最初から避けようとワクチンを打とうとするのは、自然の法則に逆らう、人間として神に対しての傲慢な態度なのかもしれないなー。


    ・インフルエンザの予防の第一は、免疫力を高めること。

    そのためには食事が大切。「まごはやさしい」−−すなわち、豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、いもを積極的に食べる。ごま油、くるみ、青魚など良質な油、しいたけなど、ビタミンDを豊富に含んだ食品、適量のにんにくもおすすめ。さらに過労を避けて十分な休養をとる。ストレスはためず、すぐに発散する。ゆったりと入浴し、体を温める。適度な運動と日光を浴びることも大切。


    ・ワクチンは注射で血液中にウイルスを入れることで抗体を作る。だから血液中に抗体はできます。しかし、のどや鼻では抗体は作られません。インフルエンザウイルスは血液から感染することはない。ワクチンを打っても、のどや鼻は無防備なまま。だからワクチンを打っても、インフルエンザに感染してしまう。


    ・すでに日本脳炎という感染症は日本ではほぼ撲滅されている。それでも政府が無意味な日本脳炎ワクチンを強行するのは、年間100億円以上の予算にむらがるワクチン利権を太らせるためだ。


    ・発達障害、自閉症もワクチンが原因かも?


    ・ワクチンの第一の罪は、効かない。第二の罪は毒物である。第三の罪は病気を作る。第四の罪は、感染症を爆発させる。


    ・ロタウイルスも、専門書によれば、治療法はない。危険を冒してまで、ワクチンを接種する必要などまったくない。


    ・「人は生まれながらに、100人の名医をもっている。」ヒポクラテス

     100人の名医とは免疫力であり、自然治癒力である。感染症にかかることは、その力を鍛えるチャンスでもあるのだ。


    ・1979年以降、発生したポリオ患者は、すべてポリオワクチンが原因だ。なぜなら「自然発生型ポリオウイルスが原因の患者は、一人も発見されていないからだ。


    ・日本でも新生児へのワクチン接種がやたら推奨されている。これは人口削減のための生物兵器による先制攻撃であることを認識しておくべきだろう。


    ・湾岸戦争のときの、多国籍軍の兵士たちは、危険な戦地へ送られただけでなく、国際医療マフィアによる、バイオテロにもさらされた。スクワレンは、湾岸戦争に従軍した兵士に認められる湾岸戦争症候群と呼ばれる飯能の原因となっている。多国籍軍の中でも、フランス兵だけは被害を免れた。なぜなら彼らは、人体実験を断固拒否したからだ。戦地に送り出された若者たちは、サダムフセインを倒すということ以外に、役割がもう一つあったのだ。それが、この新型ワクチンの人体実験だった。副作用は帰還兵たちをいまも苦しめ続けてい

    る。


    ・米国人の死亡原因の第一位はなんだと思うか?答えは、「医者」である。ニューヨークのNPO法人「米国栄養研究所」の創立者であるゲーリー・ヌル博士の試算によれば、その死者数、年間およそ78万人。二位の心臓病、70万人を超えている。


    経皮毒

    0

      医師 内海 聡 フェイスブック転載

       

      経皮毒

      経皮毒についてはさすがに知られるようになってきましたが、いまだ御用学者や化学者たちはそれを否定しています。まあ当たり前のことであり、お金以前の問題として彼らは既存の科学しか知らないからであり、科学体系と評価の仕方の根本に問題があることを知らないからです。経皮毒はシャンプー、リンス、せっけん、化粧品、ハンドクリーム、ナプキン、服などあらゆるものに使用されており、その危険性は隠されています。

       

      人間が物質を体内に取り込む経路は3つあり、飲食物を口から取り入れる「経口吸収」、呼吸によって取り入れる「経気道吸収」、皮膚から吸収する「経皮吸収」です。経皮吸収された物質の問題は一度体内に吸収されると、排出されにくいということです。なぜかは科学的にも説明できるのですが、ここではあまり深く書きません。一度経皮吸収された化学物質は10日たってもその10%ほどしか排出されないと言われます。

       

      経皮毒否定派は否定の根拠として皮膚の固いバリア構造を挙げますが、これは初歩的な嘘です(といってもすぐに一般人は騙されますが)。自然界に存在するもので、このバリアを通過できるものはないというわけですが、すでに皮膚のバリア構造を破る物質は多数あります。代表格は合成界面活性剤ですが、それだけではありません。経皮毒が招く病気としては皮膚病、アレルギー、膠原病、ホルモンに関する病気、癌、婦人病などがあります。

       

      皮膚や粘膜は吸収率が高いので経皮毒が要注意なわけです。たとえば頭皮は他の部分の皮膚に比べて3.5倍も吸収率が高く、婦人の粘膜は40倍以上といわれています。経皮毒としてとりこまれた物質は、不妊症や子宮内膜症等の女性疾患を引き起こす可能性があるだけではなく、発がん性もあるとされています。また産中産後の状態や子供の体質や脳にさえ影響があることが指摘されています。

       

      以下は経皮吸収率の一例ですが、製薬会社でさえ認めている数字です。

       足のうら(0.14)

       手のひら(0.83)

       背中(1.7)

       頭皮(3.5)

       ほお(13.0)

       性器(42.0)

      *田辺三菱製薬のHPを参照 

      でも、きっと天才的な工作員が、西洋薬でさえ経皮毒の考え方によって作用を出しているのに、経皮毒は危ないのは嘘とかいうまさにテンサイ的なHPを、掲載してくれることでしょう♪。

       

       


      これだけは知ってほしい

      0
        無農薬の 野菜 果実は 値段で 
        「安い」 「高い」 と比較されますが
        スーパーや八百屋さんの野菜と比べられると 
        「高く」感じるのは 仕方がないと思います
        それだけ、手間がかかり、収穫も比べると少なく
        価値があるからです。

        9割以上のほとんどの野菜は F1種 
        人口交配された種で
        雄性不稔 雄しべがない状態をいい
        動物で例えると 男性不妊 無精子症などにあたり

        そのF1種を食べ続けていると 
        人間の精子の数が減少したり
        ミツバチが消えたりと 社会現象になっています
        雄性不稔の野菜に受粉させていたミツバチたちが 
        減少してしまうのです
        ミツバチが消えると 人類も減少すると言われるほど
        重要な存在で 環境にもどのぐらい影響がでるかは
        定かではないのです。

        自然来の種の 固定種 在来種 伝統種を
        つなげて広げていくことに 未来の希望があります。

        日本は 世界一、二の農薬使用国である
        日本で使われている農薬のスリートップが
        グリホサート系(ラウンドアップなど)、有機リン類、
        ネオ二コチノイド類、いわゆるラウンドアップは、
        某大手アメリカ企業が開発した除草剤です
        某社の悪評については ここでは語るまでもないのです。

        ネオ二コチノイドなどは海外では
        使用禁止になっているところがあります。
        日本の野菜 果実 ペットボトルのお茶まで及んでいて
        日本の野菜は 世界で一番危険な野菜である
        とも云われていて
        日本ではひそかに、大量に薬が投与され
        すぐにではなく 後から病気になっています。

        安い調味料も多く 
        例えば 安い醤油というのは 醤油もどきであり
        原材料表示は「脱脂加工大豆 調味料 
        PH調整剤 甘味料 カラメル色素」
        とかになって 添加物だらけ 
        化学物質で適当な味付けをしているのです。

        これらの安い食品は 健康や病気のことなど
        一切考えていません
        そんな安い食品を体に入れている方が
        結局あとで 別のお金(医療費)などがかかるんですから。


        いつもでなくていいのです
        無農薬の野菜や果実 穀類を作っている人を
        応援することにより
        農薬まみれの購買数が減れば 
        無農薬の野菜を作る人が増えます
        無農薬の野菜類が増えれば 価格は安定していきます。


        農薬の使用が 地下水 河川に流出して、
        その水質を汚染しています。

        世界中の農薬を全廃したらどうなるかを、
        某大学のシュミレーション研究の結果、
        カロリーベースで4%減にとどまるとした。
        その代わり 人体 土壌 水質 大気の汚染はなくなり
        農産物のビタミンなど栄養価と風味は何倍にも増える。
        さらに、農薬代も散布コストもゼロとなる
        地力も回復 化学肥料も不要となるだろう。


        無農薬の農産物を選ぶ人が増えれば
        人体も良くなり、環境も良くなり、
        明るい未来へとつながる 希望の道が広がります。

        意識が変われば 世界が変わる


        伝える

        0
          塩は、食卓塩ではなく、自然塩が良い。

          食卓塩は、化学塩で体に良くない。

          減塩運動は、食卓塩の化学塩のことを言い、

          自然塩は、取りすぎても尿で排出するので、体に良い。

          自然塩のミネラルは必要。


          市販の味噌で、

          加熱処理されてるのは、菌が生きていない。

          酵母菌などが生きている味噌は、体に良い。

          発酵食品は、体に良い。


          白砂糖は、体を冷やす。白より黒砂糖が良い。


          高血圧の薬、血圧を下げる降圧剤は飲まない方が良い。

          飲み続けてると、脳梗塞などをまねきやすい。

          年を重ねたり、体の大きさにより、

          血圧は、ある程度必要。


          年々、高血圧の基準値を下げて、

          高血圧対象を増やしている。


          ガンの、手術、抗がん剤、放射線治療は良くない。

          WHO世界保健機関は、抗がん剤は効かない、

          使用をやめるように発表。


          子宮けいがんワクチンを受けてはいけない。

          インフルエンザ予防の注射、体に良くない。


          薬を飲んでも、症状を抑えるだけで、治っていない。

          薬は、体を冷やし、飲みすぎも良くない。

          薬は、血を汚す。


          病の原因は、血が汚れている。

          血をきれいにすることが体に良い。

          万病一元論。

          腸をきれいにすると、

          血もきれいになり、

          免疫力があがる。



          体の冷えが、病を起こす。

          体を温める。


          詳しく知りたい方は、

          健康編にでてくる本の紹介

          著者、医者は良いですよ。


          眠りは治り 〇

          0
            夜、寝ている時に、体は毎日、治ろうとする働きがある。


            夜 10時ぐらいから 〜 夜中の2時ぐらいまで・・・ 免疫力 疲労回復 新しい血の再生 体温

            夜中 2時ぐらいから 〜 夜中の4時ぐらいまで・・・ 内臓の働き

            夜中 4時ぐらいから 〜  朝の6時ぐらいまで・・・ 自立神経 

            この時間帯に、眠っていると、体は、元に戻そうとする働きがある。

            健康 本の紹介

            0
              「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法
              (2003/03)
              石原 結實

              商品詳細を見る
              ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力
              (2007/03)
              安保 徹、船瀬 俊介 他

              商品詳細を見る
              がんの特効薬は発見済みだ!がんの特効薬は発見済みだ!
              (2011/03)
              岡崎 公彦

              商品詳細を見る
              体温免疫力―安保徹の新理論!体温免疫力―安保徹の新理論!
              (2004/05)
              安保 徹

              商品詳細を見る
              汚れた腸が病気をつくる―腸をクリーンにする究極的方法汚れた腸が病気をつくる―腸をクリーンにする究極的方法
              (2009/07)
              バーナード ジェンセン、シルビア ベル 他

              商品詳細を見る
              病気は才能病気は才能
              (2011/09/22)
              おのころ心平

              商品詳細を見る

              究極の難病完治法―現代医学の盲点直撃!アレルギー疾患、リウマチ、膠原病の新治療法究極の難病完治法―現代医学の盲点直撃!アレルギー疾患、リウマチ、膠原病の新治療法
              (2010/01)
              岡崎 公彦

              商品詳細を見る

              血圧心配症ですよ!―まだ「薬」で血圧を下げているあなたへ血圧心配症ですよ!―まだ「薬」で血圧を下げているあなたへ
              (2008/10)
              松本 光正

              商品詳細を見る
              「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書INTELLIGENCE)「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書INTELLIGENCE)
              (2009/06/02)
              溝口 徹

              商品詳細を見る


              1

              calendar

              S M T W T F S
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              262728293031 
              << May 2019 >>

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM